☆サロンおすすめメニュー☆

むくみ対策には、アロマの有効成分とホットストーンを組み合わせた脚へのトリートメント
ストーン リフレ
精油(エッセンシャルオイル)の
有効成分を体に浸透させる
アロマセラピー
そして、血行促進をはじめ、体内の循環機能を高めることが得意なラストーンセラピー
がおすすめです。

・メニューと料金表は上の「Menu」をクリックしてください。


☆アロマセラピーマガジン バックナンバー☆
第5号「精油物語〜知られざる香りのみなもと〜(DVD)」
第4号「アロマで花粉症対策」
第3号「アロマセラピーで二日酔い対策」
第1号「アロマセラピーとインフルエンザ」

アロマセラピー 横浜 PADMA HOME > アロマセラピー マガジン > アロマセラピーとむくみ


アロマセラピーとむくみ


アロマセラピーマガジン第2号は「アロマセラピーとむくみ」です。
2011年も残りわずか。お洒落にも寒さ対策にもブーツが欠かせない季節の到来です(^^)
アロマセラピーはむくみ対策にとても有効な自然療法。
アロマセラピーを生活に上手に取り入れて、むくみとはさよなら!!、そして、
スッキリ美脚で冬を乗り切りましょう(^^♪





日常で気をつけること

むくみは疾病が原因でなる場合がありますが、健康な方でも特に
女性の多くの方はむくみで悩んでいます。

むくみはなぜ起こるのでしょうか?

通常、体内の動脈側の毛細血管から運ばれる酸素や栄養は体
の組織細胞に供給されます。
逆に、細胞で作られた二酸化炭素や老廃物を含んだ組織液は
静脈側の毛細血管やリンパ管を通って体内に運ばれます。
この組織液が毛細血管やリンパ管へ向かわずに組織細胞に貯ま
ったままになってしまう状態がむくみとされています。
細胞で作られた二酸化炭素や老廃物を含んだ組織液を静脈側の
毛細血管やリンパ管に上手に戻すには

脚の筋肉を動かすこと
呼吸によって組織液の循環を促すこと
食事への配慮


などに気を配ることが大切です。


・適度な運動(運動のし過ぎは逆効果です)
・リラックス(休日を楽しむ)
・塩分、アルコールを控えめにする
・海草、大豆、ほうれんそうなどカリウムが豊富な食材を取り入れ
ると良いでしょう。

また、アロマトリートメントのように足首から心臓のほうへ向かって
余分な水分を移動させるトリートメントはむくみ対策にはとっても
有効です(^^)v
トリートメントと精油(エッセンシャルオイル)の有効成分が尿の出を促し、
余分な水分を体から排泄させてくれます。

一方、呼吸に着目すると、ヨガは筋肉運動だけでなく腹式呼吸を促すので、
むくみ対策には大変おすすめですよ!!

※前夜21時以降に水分をとっていないのにも関わらず、むくむ場合は腎臓、心臓、
肝臓などの病気が考えられると言われていますので、長時間むくみがとれない場合は、
医師に早めに相談しましょう。









アロマセラピーでむくみなんてさよなら!!

むくみは組織液が組織細胞に貯留することで起きることを見てきました。
そのため、むくみを解消したり未然に防ぐには、貯まってしまった組織液や
水分を循環させたり体の外に排泄させること、血液の循環を促すことが
必要になることが分かります。

アロマセラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)には、特に、鬱滞
除去作用、利尿作用をもつ精油がむくみ対策には有効と考えられま
す。

該当する精油(エッセンシャルオイル)は、
レモン、グレープフルーツ、ジュニパー、サイプレス、ローズマリー、
ゼラニウム、シダーウッド
です。

注1:ローズマリーは高血圧、てんかん、妊婦の方は使用をお控えください。
注2:ジュニパーは妊婦、腎臓疾患者の方は使用をお控えください。
注3:ゼラニウム、シダーウッドは妊婦の方は使用をお控えください。

これら精油の使用方法は、
・アロマバス
・足浴
・アロマトリートメント
がいいでしょう。

無理なく自分のペースで帰宅後や就寝前など、
下にご紹介するレシピを生活に取り入れてみて下さい。

レシピ1:アロマバス(全身浴)
天然塩 大さじ1杯にレモン1滴、ローズマリー1滴、サイプレス1滴
40〜42℃の熱めのお湯に、このブレンドしたものをご使用ください。
※子供や敏感肌の方、妊娠6ヶ月以内、てんかん、
高血圧の方は使用しないでください。


レシピ2:足浴
バケツや足浴用のたらいにお湯をはり、精油3滴を入れて10〜15分程、足を温め
ます。10分経たないうちにお湯の温度がぬるく感じたら、お湯を足して温度調整を
したり、足浴を終えると良いでしょう。
特に、ジュニパー、レモン、サイプレスからお好きな精油を選び、合計滴数が3滴に
なるようにお湯に加えると良いです。
例)レモン2滴+ジュニパー1滴など。
※精油を選ぶ際は注1〜注3にご注意ください。

レシピ3:アロマトリートメント
精油3滴と植物油(ベースオイル)10mlとのブレンドオイルを使って下半身(足先〜ふくらはぎ〜太もも)をトリー
トメントします。足首の方からひざ、太ももの方に向かってトリートメントすると効果があがります。
精油にレモン、グレープフルーツ、ジュニパーやサイプレスを選ぶと、特に良いでしょう。

おすすめハーブティー
むくみ対策におすすめなハーブはダンディライオンメドウスイートです。
ダンディライオンは根と葉がハーブティーとして使われ、どちらも強い利尿作用がある
とされています。体内の余分な水分と塩分を排泄する効果があるので、むくみが
気になる方は重宝します。
メドウスイートでは利尿成分が水分、老廃物、尿酸の排泄を促します。体内を浄
化する効果が高いので、肌をきれいにし、吹き出もの対策にも効果があるとされて
います。
※メドウスイートはアスピリンアレルギーの方、お子様のご使用は控えてください。
他、むくみ対策に良いとされるハーブは、ハイビスカス、バードック、ローズヒップ、
また、ジュニパーベリー、ローズマリー
は精油(エッセンシャルオイル)と同様にむくみ対策に有効なハーブです。
※ジュニパーベリーは妊娠中、腎障害の方は控えてください。
※ローズマリーは妊娠中、高血圧の方は控えてください。





今回のアロマセラピー マガジンも「アロマセラピーとむくみ」といった
生活に密着した内容を取り上げました。

レシピでは出来るだけシンプルな方法、扱いやすいものをご紹介しています。
ご不明な点やご質問がありましたらお気軽にお問合せください。
感想などもどうぞお聞かせください。
☆お問い合わせは下記メールにて
info@padma-ha.com
「アロマセラピーとインフルエンザ」でもそうでしたが、ご紹介した精油(エッセンシャルオイル)、ハーブ以外にも
むくみ対策として有効なものはございますので、専門書や雑誌などをご参考ください。

☆アロマセラピーマガジン バックナンバー☆

  第5号「精油物語〜知られざる香りのみなもと〜(DVD)」
  第4号「アロマで花粉症対策」
  第3号「アロマセラピーで二日酔い対策」
  第1号「アロマセラピーとインフルエンザ」