アロマを生活に取り入れた
アロマテラピーマガジン
へはこちらをクリック。

エサレンが大好き
フラワーエッセンス
バッチフラワー レメディ
へはこちらから

リラクゼーションなど気になったことをつづった つれづれPADMA

アロマセラピー 横浜 PADMA HOME > アロマの楽しみ方 > 芳香浴

アロマの楽しみ方


アロマを楽しむ

「アロマの楽しみ方」を分かりやすくご紹介するコーナー。
第1号は「芳香浴」です。





芳香浴
アロマを最も簡単に楽しむ方法として知られています。
空気中に精油(エッセンシャルオイル)をとばし、鼻からその香り成分を取り入れます。
ご自宅、旅行先、職場など場所を選ばないのが嬉しいですね(^^)v

アロマポット(オイルウォーマー)
上部の受け皿に水と数滴(1〜5滴が目安)の精油を入れて、
キャンドルの熱で温めて香りを空気中に飛ばします。
キャンドルがともす柔らかな光が見た目でも私たちの心を癒してくれます。
※受け皿の水がなくなった際は水を加えるか、使用を終えましょう。
※小児やペットのそばでのご使用は十分注意ください。
※ご使用の際は燃えやすいものがそばにないか、必ずご確認ください。

アロマライト
コンセント式のアロマポットを使用します。
上部の受け皿に数滴(1〜5滴が目安)の精油を入れ、
ライトの熱で香りをとばします。
水を使用するものもありますので、取扱い説明書をご確認ください。



ディフューザー
ディフューザーの決められた場所に精油を入れ、
電気による空気圧や超音波によって精油の香り成分を
空気中にとばします。
アロマポットやアロマライトと比べて、香りが広い範囲に広がり、
加湿器として使用できるものもあります。



ハンカチを使って
場所を選ばず、どなたでも安心して簡単に行える楽しみ方です。
ハンカチやティッシュに精油を1滴垂らして香りを楽しみます。
寝る際に、枕元や頭上に置くこともあります。
香りは1滴でもとても強く感じる場合がありますので、その際は
少し離れた場所に置いたり工夫ください。
※ハンカチなどに精油の色や香りが残ることがありますので、
芳香浴用のものを用意すると良いでしょう。

アロマキャンドル
精油が含まれたキャンドルが市販されています。
火をともすと精油の香り成分が空気中に放たれます。
※小児やペットのそばでのご使用は十分注意ください。
※ご使用の際は燃えやすいものがそばにないか、必ずご確認ください。





アロマの楽しみ方、第1号「芳香浴」はいかがでしたか?
お読みになった感想などありましたら、こちら
info@padma-ha.com
のメールへご一報頂けると嬉しいです(~~)
次回もどうぞお楽しみに☆彡

☆アロマの楽しみ方☆

  最新号 アロマバス (沐浴)